広告チェック

【人間関係】何事もプラスに考えることの大切さ

人間関係

私の割と仲の良い友達Aが、私の割と仲の良い男友達Bのことを好きになりました。

ただ、友達Bにはあまり良いウワサが無いため、そのことをAに教えてあげたところ、二人から連絡が取れなくなってしまいました。

よかれとおもってやったことですが、余計なことをしてしまったあまり、2人の友達をなくしてしまったんです。

余計なお世話って人を傷つける可能性があるんですね。

その内容をここにまとめます。

旅行を楽しめる相手は貴重【大分の由布院へ旅行】
昨年末、大学時代の友人と大分の由布院へ泊まりがけで旅行に行きました。大分には美味しいものたくさんあります。由布院は駅前から金鱗湖という湖までの道のりにたくさんのお店が立ち並び、のんびりと散策するのにうってつけです。数年前にできた美術館や温泉地ならではのたくさんの立ち寄り湯、また、サファリパークもありとても楽しめる大分旅行の魅力をご紹介します。

女の相談にアドバイスはいらない

友達Aから好きな人の相談を受けていた私。

しかし、友達Aの好きな人Bにはあまり良いウワサは流れていなかったのです。

どちらかと言えば悪いウワサの方が多いくらい。

そのため、Aもそのことから心配に思うことも多かったようですね。

なので、少しは良い薬になるかと思い、あまり良いウワサは聞かないということをストレートに伝えてみたんです。

 

しかし、数日たったある日、友達Aから来た連絡に驚愕しました。

「あなたのことが信じられなくなりました。二度と連絡をしてこないで下さい」

という連絡が入ったんです。

どういうことなのか電話で連絡を試みましたが、一切応答がありません。

後日、周りの友達から聞いた話では、私があまりお勧めできない事をAに話していることを友達Bが知り、私とAが今後接触しないよう対応されてしまったようです。

良かれと思ってやったことですが、不要なアドバイスだったようですね。

いくら仲良くてもこのようなことで、一瞬で友情は崩れてしまうんだなと…

あまり人の噂をするのは良くないですね…

これからは相談を受けた時、アドバイスではなくひたすら共感してあげようと思います。

 

噂で人生が狂うこともある

人の噂も七十五日と言いますが、良くない噂をたてられ、あることないことを噂されると心に傷を負います。

また、1度壊れてしまった友情も元に戻ることはありません。

そして1度できた傷はは時間が経てばなくなるという訳ではなく、私の場合、今でもその傷は拭いきれていません。

「あんなに仲がよかったのに、こんな男一人のことでで友情って無くなるんだ。」

そう思うと人に対しての警戒心がいっそう強くなりました。

少し仲良くなれたとしてもその先に踏み込めません。

人間なんて所詮自分の都合のいいように物事を解釈して、人を簡単に当て馬にする。

表の顔は笑顔でも心の奥底には無表情の私が存在するのです。

これ以降心から信頼出来るような人間関係はなかなか築けなくなりました。

 

何事もプラスに考えることの大切さ

このことから学んだことは、不用意に人に深入りしないこと。

相談にはアドバイスではなく共感して相手の主張を受け入れてあげること。

心から誰かのことを信頼することは今はなかなか難くなってしまいましたが、これから先の人生で人間関係で悩まないためにも、「これはいい経験だったんだ」とプラスに捉えるようにしています。

すると、自然と心も軽くなりました。

 

先程、「時間が経っても1度おってしまった傷は消えない」と述べました。

しかし、辛い時、自分の全てを否定してより辛くなってしまうことよりも、起きてしまったことをプラスに考え、これからの人生の糧にする、そして気持ちを和らげてあげるという選択肢もありなのではないかと思います。

 

人のいざこざには首を突っ込まない

もしも時間が戻るのであれば、友達Aから相談を受けた時、友達Aの主張をもっと尊重してあげればよかったと思います。

友達Bのことが好きだからどうしたら上手く付き合っていけるのかが主体の相談だったにもか変わらず、私は、友達Bとは離れるべき、距離を置くのが最善。という友達Aの主張を全く受け入れていない発言をしてしまいました。

更に、友達Bがほかとも関係を持っているということを友達Aに教えてしまうという、裏切り行為ともとられるような行動をしてしまいました。

もっと相手のことを思いやり、尊重し、突発的な発言、行動は控えるべきでした。こんなこと、言わなきゃよかったと今でも思います。

 

人を思いやり、尊重し、受け入れる

人生幸せなこともありますが、その分不幸な事も起こります。

そんな時、日々の積み重ね、自分の人間力が問われます。日頃の行いが良ければ、果報に結びつくとされていますが、正にそうです。

日々、人を思いやり、尊重し、うけいれる。これが出来ていれば辛い時、悲しい時、寂しい時、助けてくれる家族がいます。

心配してくれる友人がいます。一緒に頑張ってくれる恋人がいます。

そして辛さを乗り越えることが出来る自分がいるのです。

逆に、マイナス思考で、常に斜に構えているような自分がいるのであれば頼れる存在はいないでしょうし、失敗や辛さを乗り越えられる自分もいません。

私はこの経験から人を思いやり、尊重し、受け入れるということの大切さを知りました。

今は出来ていないかもしれません。しかし、それに向けて努力する。

行動しなければ何も変わらない。これからも失敗と成功を繰り返し、人間力を高めていこうと思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました